ハロー相続に相談する理由とは?
相続に関わる専門家には得意分野があります。
相続税の対策にはたくさんの専門家が関わります。それぞれに相談するにも知識や時間が必要で、それぞれが連携していることは稀です。ハロー相続では、それぞれの専門家との連携をしてお客さまの問題を迅速に解決する準備が整っております。
弁護士や税理士、銀行には得意な分野がある
例えば、弁護士、税理士、銀行には以下のような得意な分野があります。
弁護士は兄弟での分割相続など相続時の争いが得意です。土地や建物など、現金のように均等に分けることが出来ない財産の相続がスムーズに行かない場合、法に基づいた適切な対応を提案してくれます。
税理士は、相続時の税金を安く抑える提案が出来ます。多額の財産を相続する場合、相応の税金が掛かります。一円でも安く相続の際に掛かる税金を抑え、無駄のない相続をする為の提案を得意とします。
銀行は、相続する財産の運用を得意とします。親から受け継ぐ財産をより大きな資産に変えることが出来る、様々な資産運用や、相続する財産を使った投資の方法を提案してくれます。
その他、相続する土地の売買や、行政機関での手続きなど相続に関わる問題事には、それぞれに得意な専門家がいるのです。
お悩みは何ですか?
相続でこんなお困りごとはありました
Q.兄弟間で相続争いが勃発!税金も運用もどうしよう...
両親が残してくれるという財産があり、兄弟で財産相続で揉めています。両親はどっちつかずの姿勢でハッキリせず膠着状態。
兄弟との相続争いについての問題に、相続するお金にかかる税金、その後の運用など問題が山積みです…。どの専門家に相談したら良いのでしょうか?
この問題を各専門家にそれぞれ相談すると...
それぞれの得意分野に偏った提案ををされる
対応できることが違うから提案がまとまらない...
相続に関わる問題や手続きには、税理士や弁護士はもちろん、銀行、行政書士、司法書士、宅建士、FPなど、それぞれの専門家が分かれており、「何をどこに相談すればいいか分からない」「各専門家をたらい回しにされる」このようなことが起こります。 それぞれの専門家は自分の得意な提案を行い内容がバラバラになりがちです。何が自分にとってベストな相続の方法なのか、迷ってしまうケースが多いのです。
ハロー相続なら、いっぺんに問題を解決することが出来ます!
問題をシンプルに!
1番良い提案が出来ます!
ハロー相続なら専門家と連携して適切な提案ができます
ハロー相続は、税理士、宅建士、FP(銀行)、弁護士、行政書士など財産の相続と贈与に関わる全機関と連携しています。中立な立場でそれぞれの専門機関が提案する相続のプランをまとめて比較、検討することが出来るので、その中から、お客様ご自身が最も納得できる相続プランを選んで相続をすることが出来ます。まずは、お気軽にお問い合わせください。
ハロー相続のお問合せ
相続税の対策は他人事ではなくなりました
相続税対策は他人事ではなくなりました。
課税対象数が一気に2倍に
相続税の基礎控除が引き下げられ対象者が激増
2015年度から相続税の基礎控除が5000万円から3000万円にの引き下げられ、お一人当たりの基礎控除額は1000万円から600万円に引き下げられました。
この相続税率の引き上げにより、相続税の課税対象者数が一気に約二倍に増えました。今までは何もしなくても税金を払う必要がなかったご家庭も、これからは、相続税の対策をしないと多額の税金を支払わなければなりません。

※1,2014年相続税課税対象者数約5万6千人、2015年相続税課税対象者数約10万3千人
Question
親の財産の合計が3600万円以上ありますか?
親の財産(土地、建物、現金)の合計が3600万円以上なら相続税対策が重要です。
相続税は3600万円以上ないと発生しません
土地建物の査定価格と現金を含めた親の財産が、3600万円以上ある場合はあらかじめ、相続の対策をしておかなければ多額の相続税を支払うことになります
※,相続税には、3000万の基礎控除があります。それとは別に相続人一人当たり600万の控除が受けられます。合計3600万円以下の財産(土地、建物、現金)なら対策の必要はありません。
相続する財産が多ければ多いほど税金が増える
相続税の税率
相続する財産が多ければ多いほど相続税は高くなります。例えば、1億の財産を相続する場合の相続税は、2300万円も相続税を支払わなければなりません。(※1)
※1,1億×30%=7000万-700万(控除)=2300万
相続税対策で一番効果が高いのはアパート経営
財産を相続する人のベストな相続税対策は
アパート経営
アパート建設費用が丸ごと税金控除に当てられる
相続税の節税対策として最も有効な方法はアパート経営をすることです。その理由は、アパートの建築費用を相続税から差し引くことが出来るからです。
例えば、1億の財産(現金、土地、建物)を相続する場合に掛かる2300万円の相続税も、アパートを建設すれば相続税を0円にすることが出来ます
さらに、家賃収入で収益を得ることも可能になり、節税と収入の2方面でメリットがあるのがアパート経営なのです。
知ってましたか?
土地相続だと絶対税金がかかるのです!...が、
土地だけの相続だと節税対策が出来ないのでアパートを建てる
土地を相続する場合、土地だけの相続税の節税対策はなく、絶対に相続税を支払わなければなりません。(※1)
そこで、相続する土地にアパートを建設します
アパートを建てることで、その建築費用を相続税から差し引くことが出来るので、相続税を0円にすることが出来ます。
アパートを建てると相続税0円に
査定価格5000万円の土地を相続する場合、相続税として160万円(※2)が掛かります。その土地に建設費用1,400万円でアパートを建設した場合の相続税は0円。

※2,土地の査定価格が50万円以下なら非課税
※1,相続税には、3000万の基礎控除があります。それとは別に相続人一人当たり600万の控除が受けられます。相続税率は3000万円(課税対象額)以下の場合、15%(控除額50万円)
5000万-3600万=1400万×15%=210万-50万=160万円
相続税対策のアパート経営ならおまかせ下さい
おまかせでも安心な理由
相続する土地の活用はおまかせください
当社ではお客様の事情に合わせたプランを組んでご提案致します。不動産の運用で成功する為には「自分に合った収益物件を無理なく運用していく」のが鉄則です。相続の絡む土地の運用はお客様ごとに複雑な事情がある場合がほとんど。 お客様のご希望、年齢、年収、家族構成などあらゆる条件を踏まえ、相続する土地のベストな運用としてアパート経営をご提案致します。 当社が長年、不動産業界で培ってきたノウハウと実績でお客様1人1人に最適な不動産の相続と無理のないアパート経営を実現いたします。
アパート建設費用もお任せください
相続する土地にアパートを建設したくても建設費用がない。そんな方はご安心ください。当社には、業界歴30年の不動産のプロである宅建士と銀行融資関連のエキスパートであるFP(ファイナンシャルプランナー)が在籍しております。無理のないローン返済プランと、相続する不動産を活用しての銀行からの融資を受ける為のノウハウに卓越した専門家がアパートの建設費用の捻出まで万全にフォロー致します。
万全のアフターフォロー体制
物件購入後も、当社はお客様のアパート管理業務をバックアップいたします。居住者募集から契約、家賃収集、更新解約といった賃貸管理全般の代行を行います。お客様の生活に安心とゆとりを生み出す充実したアフターフォロー体制で、アパート経営を成功へと導きます。
土地を活用したアパート経営までの流れ
ご相談
土地や相続の事情などヒアリングした後に、お客様の要望に合う不動産の活用プランをご提案致します。
資金計画
相続税対策、不動産の活用、銀行融資など当社がすべて行います。アパートの建設と運営に掛かる費用を算出し、銀行の融資を含めた予算プランを作成します。
融資審査
金融機関での審査の為の手続きもおまかせください。当社のFPが金融機関での融資審査を通す為の手続きとアドバイスをさせていただきます。
建設開始
当社と提携している建設会社をご紹介します。当社はアパート建設の会社とも提携しています。実績と信頼あるアパート建設会社をご紹介します。
お引渡し
お客様がオーナーとなるアパートの完成です。お客様がオーナーとなるアパートの完成です。資産として末永く活用していくことができます。
アパート経営スタート
賃貸管理から居住者の募集までおまかせください。アパートの管理から居住者の募集や手続きなど、アフターフォローまで万全の対応をお約束。
ハロー相続のお問合せ
Question
現金で相続するなら早めに!
財産(現金)で相続する際、
早めの対策で相続税がゼロに。
現金で相続するなら早めに対策すると節税できます
例えば、あなたの親が4000万円の現金を何の対策もせずに亡くなり、あなたに残した場合、相続税として10%の税金(※1)を支払わなければなりません。
建物を相続する場合、その査定価格が5000万円だとすると、課税対象は1400万円、相続税として160万円が掛かります。 しかし、Hello相続にご相談頂ければ、暦年贈与という制度や小規模宅地特例という制度などを利用して、相続税をゼロ円にすることも可能になります。
※相続税には、3000万の基礎控除があります。それとは別に相続人一人当たり600万の控除が受けられます。課税対象額が増えると税率が変わります。詳しい相続税率の表はこちら
※暦年贈与や小規模宅地特例制度を適用するには条件があります、詳しくはお問い合わせ下さい。
Question
敷地面積が330㎡以上ありますか?
財産(建物)を相続する際は、
敷地面積が330㎡以上あるかが、
相続税対策のポイントです。
相続した建物が敷地面積が330平米以上なら節税出来ます
親の建物を相続する場合、その敷地面積が330㎡以下であれば、建物の査定価格の80%を課税対象額から減額出来ます。
あなたの親が所有する建物の査定価格が5000万円の場合、その広さが330㎡以下ならハロー相続で手続きをすることで、査定価格を1000万円まで減額することが可能です。その場合の相続税は0円となります。
※330㎡以下なので建物の査定価格を80%減額
※小規模宅地特例制度には適用条件がありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ハロー相続へのお問合せからフォロー
お問合わせ
まずは、お問合せ下さい。お電話、またはお問合せフォームよりお申し込みください。相続のお悩み何でもお気軽にどうぞ。
ヒアリング
ご希望の連絡日時に合わせて、お電話・またはメールにて、ご相談の内容を確認させて頂きます。
ご相談
弊社、担当よりご案内とご説明。土地の相続、相続税に関して、アパート経営など何でもお気軽にご質問下さい。
解決方法ご提案
ご相談内容に応じて解決策をご提案し、お客様が納得できる相続を約束します。
お手続き
ご希望の解決方法で財産の相続を行います。関係書類の手続き、各専門家との連携もお任せください。
アフターフォロー
相続する財産を活かしたアパート経営のサポート、財産の相続後のアフターフォローも万全です。
ハロー相続のお問合せ
相続税に関するよくある質問
ハロー相続のお問合せ